新生活!! 絶対に買うべきもの

一人暮らし・その他

今回は、大学生が一人暮らしをするために絶対に買うべきもの、

選ぶ時のポイントをまとめていきたいと思います。

ベッド

大学生が一人暮らしするような部屋は基本的にはそんなに広くありません。

クローゼットもついていないことが多いので、どうしても収納スペースが足りなくなってしまいます。

収納スペースを確保するために、ベッドの下に引き出しが付いていて、十分な収納ができるものがおすすめです。

マットレス、毛布、布団カバー

基本的にベッドとマットレスは別売りです。

マットレスを選ぶときは少し固めで体重が分散されるようなものを選んでください。

やわらかいマットレスだとベッドの特定の箇所に体重がかかってしまうので、ベッドの劣化・故障につながります。

大学の四年間一人暮らしするのに途中でベッドを買い替えるのはもったいないので、しっかり体重を分散してくれるマットレスを選びましょう。

毛布や布団カバーはセットで売っているので単品で買うよりもセットで買ったほうがお得なのでおススメです。

勉強机、椅子

忘れがちですが大学生なら絶対に必要です。

図書館やカフェで勉強するという人も深夜や早朝はそう言った施設は開いていないの  で、家で勉強しなくてはいけません。

小学生が使うような、本棚とセットになっている机ではなくてあまりスペースを取らないシンプルなものがおすすめです

ローテーブル

僕が一人暮らしを始めたときは勉強机を食事の時も使っていましたが、不便だったので分けました。

食事をするときに勉強道具をいちいち片付けなければいけないのは不便です。

食事が終わった後も食器を片付けてからではないと、勉強できません。

それほど高価なものではないので食事用にテーブルを買うことがおすすめです。

ガスコンロ・キッチン用品

ガスコンロは設置されている場合もありますが、備え付けられていない場合は自分で買わなければいけません。

自炊を多くする場合は2口のものを、余ししない人は1口のものを選んでください。1口は2つ以上の料理を同時に料理できないので自炊を多くする人にはおススメしませんが、あまりしない人なら十分です。

キッチン用品もどれくらい料理するかによりますが、最低限そろえたほうがいいです。鍋やフライパンがセットで売っているものがおすすめです。

食器類

食器を選ぶときに注意したいポイントは、

電子レンジOKかということ

一人暮らしだと電子レンジで温めなおしたり、冷凍食品をお皿にのせて温めたりと電子レンジを使う場面は多いです。すべの食器を電子レンジOKのものにする必要はないですが、多めにそろえた方がいいでしょう。

冷蔵庫 洗濯機

冷蔵庫や洗濯機はあまり大きいサイズのものは必要ないので、一人暮らし用の小さいサイズのものを選びましょう。

選ぶときに注意したいのはサイズです。

多くの物件には洗濯機置き場があります。そのスペースに収まるものにしましょう。

冷蔵庫も具体的に部屋のどこに置くのかをイメージしましょう。

そこのスペースをメジャーで測ってから冷蔵庫選びをするのがおすすめです。

電子レンジ トースター

電子レンジは一人暮らしの味方です。

冷凍したご飯を温める時、冷凍食品の解凍などに使います。

クッキーなどが焼けるオーブン機能が付いたものもありますが、かなり値が張るのでお菓子作りをする予定のない人は温め機能だけの安価なものを選びましょう。

一人暮らしだと、朝からご飯という人は少ないと思います。

「朝はパンで済ませよう」

と思っている人は必要になります。パンはフライパンで焼くこともできますが少し油断してしまうとすぐに焦げるので、トースターは買っておきましょう。

レンジ台

レンジとトースターを買ったら、それを置くスペースが必要です。

四段くらいに分かれているラックがおすすめです。

僕はレンジとトースターで二段使って残りの二段には、パスタやお米お菓子などの食品を収納しています。

バス用品

シャンプーやボディーソープは言わずもがなですが、忘れがちなのはシャワーカーテンです。

一人暮らし用の部屋の多くはユニットバスなのでカーテンを買わないとトイレがビショビショになってしまいます(笑)

買いすぎに注意!!

一人暮らしで本当に必要なものは限られています。

一人暮らしを始める時に気合を入れて色々買いすぎると不要なものまで買ってしまいます。

新生活を始める前に買うものは本当に必要なものだけにしましょう

コメント