スマートウォッチ「itDEAL W8」1か月使ってみた感想

IMG_20190126_111450

青色の「itDEAL」を4000円ほどで買ってから一か月がたちました。
一か月使ってみた感想をシェアしたいと思います。

「itDEAL」主な機能

主な機能としては、

①時間表示
②運動量・消費カロリー計測
③血圧・心拍数測定
④睡眠の質を測る機能
⑤LINEなどの通知が連動する機能

といったものがあります。⑤の機能はあまり使っていないので①~④の機能を使ってみた感想を
書いていきたいと思います。

itDEAL W8の時計としての機能・全体的な感想

一回の充電で7日間ほどは持つので、よほど油断しない限り充電切れになってしまうということはありません。スマホの充電器のUSBを差し込むところで充電が可能です。

普段は液晶は真っ暗で時間も表示されていません。
↓こんな感じ

IMG_20190126_113040

ホームボタンを一回タッチすると時間が表示されます。
腕時計を付けた状態で液晶を自分の顔の方に向けるとホームボタンを押さなくても時間が表示されます。
時間を確認したいときに片手がふさがっていてホームボタンを押せなくても、
時間を確認することができます。

このスマートウォッチを使ってみた全体的な感想としては、

いいところも悪いところもあるけど4000円の価値はあるなといった感じです。

連携させるアプリ「H Band」も使いやすく、
目立った問題点はありません。

itDEAL W8の能力運動量・消費カロリー計算

歩数計機能

歩数は腕時計を付けているだけで計測されます。

歩数はおおむね正確だなっといった実感があります。

スマホで歩数を測っていた人は
「少し多めに計測される」
と感じる人もいるかもしれません。
僕も最初はそう感じました。

だけど、家の中など、スマホを持たずに歩くこっとってありますよね?

スマホを持たずに歩いている分もitDEALは計測してくれているので、
その分歩数が多いと感じたのかもしれません。

スポーツモード

「スポーツモード」にすると
運動を始めてからの時間、心拍数、歩数、消費カロリーを計算してくれます。
心拍数と歩数はかなり正確に表示されていると思います。

問題はスポーツモードで測ってくれる消費カロリー。

消費カロリーは歩数に比例して伸びてくるので、
ジムでバイクを一生懸命漕いでも消費カロリーの表示はあまり上がりません。

歩いたり走ったりするときのカロリーを計算するには問題ありませんが、
エアロバイクをするとき、ジムで運動をするときにカロリー表示を参考にしても実際の消費カロリーより少なく見積もられてしまって、あまり役に立ちません。

心拍数・血圧測定

それぞれ心拍数と血圧を測定するモードがあります。

二つともかなり正確に測定されています。

心拍数は、測定モードにしなくても30分に一回自動で計測されています。

アプリには30分ごとの心拍数のグラフが表示されます。

心拍数は疲労度のバロメーターにもなるのでぜひ活用してください。

Screenshot_20190126-115612

睡眠の質を測る機能

itDEALの画面からみられるのは睡眠時間だけで、
睡眠の質はアプリで見ます。
睡眠時間。目覚まし回数。寝つき時間。目覚まし時間。深い眠り。浅い眠り。の6項目が表示されます。

Screenshot_20190126-120043

心拍数や、寝返りでの動きをもとに睡眠の質を測っているんだと思いますが、かなりいです。
「よく眠れなった」
と感じる日は、深い眠りより浅い眠りの時間が上回っていてよく眠れた日は深い眠りの時間が多くなっています。
画像のオレンジの線は左から、
就寝時間、一度起きてしまった時間、起床時間です。

トイレに起きて二度寝したときの時間もしっかり計測されています。

この機能の問題点は一つだけです。

ベッドに入ってからベットを出るまでの時間を「睡眠」と記録されているところです。

例えば、ベットに入って1時間YouTubeを見てから実際に寝たとします。
この場合、YouTubeを見ていた時間も睡眠時間に記録されてしまいます。
起きてベットの中でスマホを30分くらい見てからベットを出た場合もスマホを見てた30分が睡眠時間に記録されます。

先ほどの画像でも、朝の10時から11時までは実際には起きていたけど
ベットに入っていた時間です。
この時間は「浅い眠り」として記録されています。

横になっている限り睡眠時間として記録されてしまうので
睡眠時間は実際より多い時間が表示されることがほとんどです。

睡眠の深さを測るのは問題ありませんが、睡眠時間だけ見るとあまり正確ではありません。

itDEAL W8 1か月使ってみた全体的な感想

ご紹介したようにそれぞれの機能に多少の問題点はありますが、
スマートウォッチにそこまで多くを求めない方、
どんなものか試してみたい方には、とてもおススメです

4000円の価値は十分にあると思います。


他にも色々なスマートウォッチが販売されているので、搭載機能や値段などを比べてみてください。

コメント